初心者向けファミリーキャンプの始め方!場所や道具は?

未分類

週末の家族サービス何にしよう!?

ネタが切れてきたな・・・なんて考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はファミリーキャンプをご紹介します。

キャンプは、自然の中で非日常を味わうことができ、リラックスして過ごせることが醍醐味のひとつです。

またキャンプをすることによって、家族といつもよりも多くコミュニケーションが取れるとができ、家族との幸せの時間も増えていきます。

でも、いきなりキャンプと言っても正直何をしたらよいかわからないって方がほとんどですよね。

大丈夫です、今から紹介する初めてのファミリーキャンプの方向けキャンプ場の選び方と道具の選び方を知ってもらえれば何とかなりますので、これだけでも今日は見ていきましょう。

キャンプ場の場所はどんなところがいい?

これからキャンプを始めるときに、まずは道具から揃えようとする方が多いとは思いますが、実はキャンプ場から選ぶのがおすすめです。

キャンプ場の選択は一番大事です。

行きたいところを決めるからこそ、そろえる道具が決まってくるのです。

そして、初心者には初心者なりの場所がありますので、まずはそれを調べることが最初に行うことです。

(上級者には上級者なりの楽しむ場所がありますので、自分のベテラン度に合わせて場所を選べばよいのです。)

特に初心者はキャンプの敷居を下げるために現実の生活とあまり変わらないような設備の整った場所を選ぶことをおススメします。

それでは初心者にはチェックしてほしいポイントをご紹介します。

近場のキャンプ場を選びましょう

これからキャンプを始めようとするは自宅から遠くない場所にしましょう。

初心者とあっては何かあった時の不安はあるでしょうし、自宅から近ければその分キャンプ場につく時間も早くなるというメリットがあります。

早く着けばその分テントの設営等明るい時間帯にできますので安心してしっかりと準備をできます。

暗くなる前にテントを設営することは鉄則です。

また、キャンプ場まであまりにも遠いと子供はその間で飽きてしまいますので、そうならないためにも近場がおススメです。

トイレの清潔さ・お風呂があるかチェックしよう

初めてのキャンプとなると非現実的な生活を楽しむとは言え、トイレがあまりにも汚なかったり、お風呂がないってなるとちょっと抵抗感がありますよね。

ですので、トイレの清潔さやお風呂・シャワーの設備はキャンプ場により様々となりますので、しっかりとチェックしていきましょう。

売店・レンタル用品などの施設が充実しているキャンプ場を選ぼう

キャンプ初心者にありがちなのが、忘れ物です。

そんな時でも、施設内に売店があればすぐに必要なものがゲットできてとても便利です。

大抵の方はキャンプ場についた瞬間にお酒を飲みたくなるものですので、売店もなく、飲んでから忘れ物に気づいたのでは遅いです。

また初心者の方は道具をすべて最初からそろえるのは非常に大変ですので、そんな時はれたる用品が豊富であると、とても心強いですね。

オートサイトがあるかを確認しよう

オートサイトととは、テントを張る区画内に車も停められるサイトのことです。

これ高いですが、非常に便利です。

オートサイトはすぐに車に戻ることができ、手間がいりませんし、ある程度のものを車にしまっておくことができますし、雨などが降ってきた際もすぐに車に避難させることができますのでので非常に便利です。

一方でフリーテントサイトもありますが、こちらは駐車場からテントまでかなり遠く、値段は安いですが、その分大変です。

初心者にはあまりおススメできません。

スタッフが常駐しているところを探してみましょう

初心者にとってはキャンプ中の不測の事態や緊急事態が怖いものです。

そんな時、頼りになるのはキャンプ場のスタッフです。

スタッフと言ってもキャンプ場によって様々で、毎日24時間常駐している場合、日中のみいる場合などいろいろですので、しっかりと1日中常駐しているスタッフがいるキャンプ場を探しましょう。

また、ちょっとした火起こしとか、テントの立て方とかだけでもスタッフの方が助けてくれる場合もありますので、初心者の方にとってはとても心強いですね。

道具は何をそろえるべき?

続いてはこれだけはそろえておきたい道具の紹介をしていきます。

キャンプでは道具を揃える際、絶対に必要なものと、後回しでもOKなものがあります。

最初から全部を揃えるのは経済的に負担だったり、結局使わなかったと(よくあります)いう事もあるので、必要最低限な道具選びを押さえておきましょう。

準備するべき道具

テント テーブル
マット(テントの下に敷くマット) チェア
タープ(ぎりなくてもいいかも) 寝袋・マット
ランタン クーラーボックス
焚き火台 LEDランタン
トング チャッカマン
軍手 フォーク、スプーン、箸、コップ、皿

(最初は使い捨で問題ありません。)

<テント コールマン>

<タープ コールマン>

<LEDランタン コールマン>

<焚火台 コールマン>

<テーブル コールマン>

<チェア コールマン>

<シュラフ コールマン>

家のもので代用できる道具

フライパン 包丁
食器 カセットガスコンロ

まとめ

今回は、これからファミリーキャンプを始めようかと思っている方向けにキャンプ場の場所と道具について紹介してきました。

おさらいしていきましょう。

キャンプ場の場所のポイントは以下5点です。

・近場のキャンプ場を選びましょう

・トイレの清潔さ・お風呂があるかチェックしよう

・売店・レンタル用品などの施設が充実しているキャンプ場を選ぼう

・オートサイトがあるかを確認しよう

・スタッフが常駐しているところを探してみましょう

道具については「絶対に必要なもの」と、「後回しでもOKなもの」がありましたね。

どうでしたでしょうか。

キャンプの敷居を下げることはできたでしょうか。

後はあなたの勇気だけです。

家族と一緒に自然に触れ、非日常の空間で家族で過ごすファミリーキャンプは、自然と会話も弾み、親子のコミュニケーションも濃密になります。

場所選びと道具の揃え方のポイントをおさえたら、さあ、家族のプライスレスな体験に向けて、一歩踏み出しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました